放射線部門

診療科からのお知らせ

部門の特色

放射線科科長

放射線科 科長 森 吉修


当院には診療科として放射線診断科と放射線治療科がありますが、診療放射線技師は一つの放射線科部門として診断科・治療科両方に携わっています。

放射線診断科では、一般撮影・乳房撮影・骨密度測定・各種の透視造影検査・血管造影・CT検査・MR検査・RI検査をおこなっています。

CT・MRは共に2台ずつ有しており(CT:80列MDCT×2 MR:1.5T×2)、迅速かつ高度な検査に対応しています。CTでは、心臓カテーテル検査の補助的役割となる心臓冠動脈CT、肺・胃・大腸がんなどの手術シミュレーションのための3D CT、大腸内視鏡検査の補助的役割となるCTコロノグラフィなども行っています。MRでは、地域がん診療連携拠点病院としての責務を担うべく、急増する乳がんの診断をサポートするため専用コイルを使用したMRマンモグラフィも行っています。

血管造影では、オールマイティな手技に対応するIVR装置(CT付属)と、救急での早期脳卒中血管内治療に対応する脳血管専用のバイプレーンIVR装置を設置しています。

乳房撮影(マンモグラフィ)は、女性技師により、患者さんにやさしくスピーディーな検査をこころがけています。トモシンセシス機能を有したFPD乳房撮影装置にて、精度の高い画像を提供しています。

放射線治療科は、強度変調放射線治療(IMRT)と定位(ピンポイント)放射線治療が可能な高精度治療機器と、それにさらに全身照射が可能な高精度治療機器の2台の放射線治療装置を用いて、X線および電子線にて全身の悪性腫瘍やケロイドの治療を行っています。根治照射や痛みの疼痛緩和の治療など、患者さんの状況に応じた放射線治療を目指し、地域のがん診療に貢献しています。

部門紹介

放射線科スタッフは、診療放射線技師(32名:男性24名・女性8名)、看護師(5名)、受付事務員(7名)の計44名です。それぞれのスタッフは、院内5部署に分かれ検査や治療に携わっています。

私達は、患者さんにいつでも安心して安全に最善の検査や治療を受けて頂けるよう、各診療科や病棟、更に地域の医療施設とも密接な連携を持ち、高次医療にも対応できる医療の質・安全性・効率性の向上に努めてまいります。

医療設備

  • 一般撮影・骨塩定量他

    一般撮影・骨塩定量他

  • マンモグラフィ

    マンモグラフィ

  • X線TV

    X線TV

  • CT

    CT

  • MRI

    MRI

  • RI検査

    RI検査

  • 放射線治療

    放射線治療

  • 血管撮影・Cアーム

    血管撮影・Cアーム



設備名 台数
X線CT装置(80列MDCT) 2台
MR装置(1.5テスラ) 2台
三次元画像処理装置 1台
血管造影装置(CT付属) 1台
脳カテ用血管造影装置 1台
心カテ用血管造影装置 3台
結石破砕装置 1台
骨密度測定装置 1台
乳房撮影装置(デジタルマンモグラフィシステム) 1台
一般撮影装置 7台
X線TV撮影装置 4台
泌尿器科専用X線TV装置 1台
移動型外科用X線TV装置(移動型外科用イメージ) 3台
ポータブル撮影装置 6台
CRシステム 1台
SPECT装置 1台
放射線治療装置(リニアック装置) 2台
三次元治療計画装置 3台
シミュレータ用X線CT装置 1台

各資格・認定取得一覧

資格・認定名 取得人数
第1種放射線取扱主任者 4人
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 5人
磁気共鳴専門技術者認定技師 2人
放射線治療専門放射線技師 4人
放射線治療品質管理士 4人
放射線機器管理士 1人
医療情報技師 1人
救急撮影認定技師 2人
X線CT認定技師 7人
胃がん検診専門技師 1人
臨床実習指導教員 2人
AI認定診療放射線技師 1人
衛生工学衛生管理者 1人

外来担当医表

診療科・部門・センター 一覧へ