産婦人科

診療科からのお知らせ

診療科の特色

当科では婦人科治療と産科治療の大きく2つに分かれています。

婦人科治療

当院は地域がん診療連携拠点病院であり、子宮がん・卵巣がんなどの悪性腫瘍は婦人科腫瘍専門医が手術に携わり、他科と連携をとって最善の手術を行うようにしております。初期の子宮頸がんに対する腹腔鏡手術や広汎子宮頸部摘出術(トラケレクトミー)、初期の子宮体がんに対する腹腔鏡手術やロボット支援下手術を行っております。開腹悪性腫瘍手術では小切開法を積極的に取り入れており、この術式は他院では殆ど行われていません。抗がん治療は出来るだけ患者さんの日常生活に負担にならないように外来での日帰り治療を基本にしています。当院では放射線治療設備も整えており、手術・抗がん治療・放射線治療を全て行うことが可能です。
子宮筋腫・卵巣腫瘍などの良性腫瘍では積極的に低侵襲手術(腹腔鏡手術・ロボット支援下手術・小切開手術・腟式手術)を行っております。良性腫瘍は殆ど低侵襲手術で行い、腹腔鏡手術の約80%を臍部単孔式で行っており、創部が殆ど分からなくなります。
そのほか高齢化に伴い増えてきている骨盤性器脱の各種治療・更年期障害の薬物療法も行っております。月経についてのあらゆるトラブルに対しても、色々な治療法を提示させていただき、生活状況に見合った治療を探していきたいと考えています。

産科治療

総合病院かつ地域周産母子医療センターならではの安全な分娩を特色としており、合併症をもつ妊婦さんでも、他科専門医と協力して診療します。小児科医との連携で、妊娠34週以降の早産児や突発的な赤ちゃんの異常にも対応可能です。当院での分娩の基本方針は「できるだけ自然なお産を」ですが、予定日を過ぎても陣痛がこない、母体や胎児に病気があるなど妊娠継続が難しい方には薬を使った分娩誘発や帝王切開を行っております。また、希望がある方には麻酔分娩(和痛分娩)も行っております。

産科医療保障制度について

産婦人科のホームページ・SNS

診療内容

  • 子宮腫瘍

  • 卵巣腫瘍

  • 外陰・腟疾患

  • 骨盤性器脱

  • 更年期障害

  • 周産期医療

教育認定・学会等認定施設

  • 日本産科婦人科学会 専門医制度卒後研修指導施設

  • 母体保護法指定医師研修機関

  • 日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医認定研修施設

症例

2019年 2020年
分娩
(うち帝王切開)
154
56
195
45
新規悪性腫瘍症例
悪性腫瘍手術
(うち腹腔鏡・ロボット支援下手術)
34
28
0
48
44
19
総手術 300 343
腹腔鏡手術
(うち単孔式)
腹腔鏡下子宮全摘術
腹腔鏡下子宮筋腫核出術
腹腔鏡下付属器手術
76
6
19
10
47
119
70
50
6
63
ロボット支援下子宮全摘術 9 29
子宮鏡手術・検査 54 55
子宮腟部円錐切除術 10 29

地域医療機関の先生方へ

手術件数・分娩件数が年々増加しており、ひとえに患者さんをご紹介して頂く近隣の先生方のおかげと感謝しております。

当科は「可能な限り断らない」ことをモットーとしており、婦人科・産科問わず、出来る限り受け入れを致します。

今後も地域の先生方のお役に立てるように最善を尽くして参ります。

  • 岩見 州一郎 部長
    担当・専門分野 産婦人科一般

    婦人科悪性腫瘍

    吊り上げ腹腔鏡手術

    小切開手術

    ロボット支援手術
    資格など 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医

    母体保護法指定医

    日本がん治療認定医機構がん治療認定医

    日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医

    日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医

    日本肉腫学会認定指導医・肉腫専門医

    日本ロボット外科学会専門医

    ロボット支援手術certiticate取得

    日本小切開・鏡視外科学会評議員
  • 水津 愛 医長
    担当・専門分野 産婦人科一般
    資格など 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医

    母体保護法指定医

    日本がん治療認定医機構がん治療認定医

    ロボット支援手術certiticate取得
  • 下地 彩 医員
    担当・専門分野 産婦人科一般
  • 宗 万紀子 医員
    担当・専門分野 産婦人科一般

外来担当医表

初診:1診午前 岩見 芦原 (1.3.5)
芦原(2.4)
水津(1.3.5)
下地(2.4)
種田
午後
婦人科:2診午前 芦原 水津 岩見 種田
午後 育児相談 育児相談
産科:3診午前 水津 助産師外来 下地 超音波外来
午後 下地 芦原 岩見

休診・代診情報

  • 休診代診情報はありません。
診療科・部門・センター 一覧へ