よく閲覧いただくページ
075-391-5811

検索したいキーワードを入力してください

MENU CLOSE
TEL
キービジュアル キービジュアル

Dementia Early Intensive Care Team

認知症になっても本人の意志が尊重され、できる限り住み慣れた環境で暮らし続けられるよう、なるべく早いうちに本人や家族に関わる「認知症初期集中支援チーム」を設置いたしました。
支援チームでは、概ね6ヶ月以内を目安に、本人に見合ったサービスなどが利用できるよう、それまでの支援を行い、その後は適切な相談支援機関に引き継ぎます。

「認知症初期集中支援チーム」とは

医師(認知症サポート医)と医療・介護の専門職(看護師、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士など)により、認知症の早期発見と早期対応を目指して活動するチームです。

利用の流れ

  • まずはお電話ください。 ☎075-392-2848(直通) 開設時間:9時~17時

  • 家庭訪問

    医療・介護の専門職が複数でご自宅に訪問し、ご本人・ご家族などからお話をお伺いします。

  • 初期集中支援の実施

    訪問時に伺った情報などをもとに認知症初期集中支援チーム員会議で話し合われた内容に沿って、次のような支援を行います。

    • 専門医療機関を受診するための支援

    • 介護保険を始めとするサービス利用手続き

    • 認知症の症状や対応方法についての助言 など…

  • 初期集中支援の終了

    切実な医療や介護などのサービスにつながり、在宅生活が続けられる目処が立てば、認知症初期集中支援は終了となります。

  • その後の引き継ぎ

    今後の支援の主体となる機関である高齢サポート(地域包括支援センター)や居宅介護支援事業所(ケアマネージャー)などに引き継ぎます。

対象者・費用について

対象者

在宅で生活されている認知症、またはその疑いのある40歳以上の方(その他要件有)

費用負担

支援チームへの相談は無料
(医療機関の受診や、介護保険サービスの利用については、自己負担があります。)

キービジュアル

お問い合わせ

受付時間 8:30〜17:30