血管撮影・Cアーム

血管撮影装置(IVR:Interventional Radiology)とは

X線透視やCT・超音波など画像診断装置を用いて、体内にカテーテルという細い管を挿入し、目的の血管に造影剤というX線で見える薬を注入しながら撮影を行い検査・治療を行うものです。

当院のIVR

当院では天井走行式Cアームシステムに、X線CT装置を組み合わせたIVR-CT装置と、バイプレーン血管撮影装置の2台を導入しています。主に悪性腫瘍、血管性病変、出血、生検などの血管系・非血管系インターベンション手技を行っています。 バイプレーン血管撮影装置は2017年に脳血管専用装置として導入され、24時間365日急性期脳卒中血管内治療に対応しています。

IVR-CT装置(CANON社製)

肝動脈化学塞栓療法(TACE)

気管支動脈塞栓術(BAE)



CTガイド下肺生検

主な用途
  • 肝動脈化学塞栓療法(TACE)

  • 消化管出血に対して動脈塞栓術(TAE)

  • 喀血に対して血管塞栓術(BAE)

  • バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)

  • リンパ管造影

  • リザーバー留置術

  • CTガイド下生検

  • 非血管系IVR(PTCD、ドレーン造影など)

バイプレーン血管撮影装置「AlluraClarityFD20/15」(PHILIPS社製)

脳血栓回収術

脳動脈瘤コイル塞栓術

主な用途
  • 脳血管血栓回収術
  • 脳動脈瘤、脳動静脈奇形塞栓術

  • 頚動脈ステント術(CAS)など

移動型外科用X線TV装置(Cアーム)

Cアームとは、透視機能をもち、可動性がある装置です。性能自体はX線TVとほとんど変わりませんが、可動性がよく主に手術室で使用されています。

当院のCアーム

当院では3台のCアーム装置を導入しています。(GE社製・SIEMENS社製・島津社製)
主に整形外科・泌尿器領域において手術中の透視・撮影で使用します。
また心臓外科領域における動脈瘤や大動脈解離などの治療(胸部・腹部大動脈ステントグラフト内挿術)にも使用しています。

Cアーム装置(OEC Elite CFD Super-C21/31 GE Healthcare社製)

腹部大動脈瘤ステント留置術

腰椎前方後方固定術

診療科ページへ戻る