救急科

診療科からのお知らせ

診療科の特色・対象疾患

京都桂病院は、「私たちは、患者さんの人権を尊重し、地域に必要な基幹的中心的な医療を担当すると共に、さらに高次の医療に対応できるよう努力します。」を基本的理念として、地域にとって必要な医療を提供するために努めています。
京都桂病院の理念・使命を全うできるように、更なる救急医療の充実を図ることで地域・患者さんに少しでも貢献できるように努めていきます。

当院救急部は救急外来に受診される患者さん全ての初期対応を行います。初期対応として、問診・診察・検査・重症の場合は同時に蘇生対応を行い、必要に応じて専門科と連携して治療を行います。
循環器科や産科疾患であることが予め分かっている場合は、初期対応から該当科に対応していただくこともあります。重症の患者さんが来た場合は、緊急の蘇生行為を迅速かつ優先的に行います。救急部に受診される主な対象患者さんは、救急車で搬送されてくる方、時間外にご自身で外来受診される方、時間内にご自身で外来受診された場合でも重篤感のある方です。
患者さんが同時に多く受診されてきた場合、救急受診される患者さんを適切にトリアージして、救命行為が必要な重症の患者さんを優先的に診療します。また、中毒疾患、診療科を跨る外傷、重度の熱中症・低体温症等の環境疾患、敗血症性ショック等の集中治療を要する病態に関しては入院加療も行っております。

当院は、西京区・右京区・乙訓圏の中で、最も専門科が多くある総合病院の一つであり、高度な専門医療を担う使命があります。
また、超高齢社会において複合的な病態を抱える患者さんの急性期対応において、総合診療・救急医療は非常にニーズの高い重要な領域であります。
地域の医療機関及び行政との連携は、地域の医療の一翼を担うために最重要と考えており、今まで以上に地域の諸機関との関係を強化していきたいと思います。
救急対応の必要な患者さんを円滑に受け入れながら、診療情報を相互に積極的に行うことで、地域単位での包括的な診療の充実に努めていきます。

診療科の特色・対象疾患

教育認定・学会等認定施設

  • 日本救急医学会 救急科専門医指定施設

地域医療機関の先生方へ

スタッフが増員され、ER業務に加えて他の診療科で対応が困難な傷病の入院加療を含めた診療体制をより強化していきます。各診療科と更に協力しながら地域の幅広い領域の患者の受け入れ対応に努めていきます。

救急医療を円滑に行うためには、地域医療機関の先生方との連携が必要不可欠です。引き続き紹介逆紹介を積極的に行い、皆様と一緒に、地域のために継続して質の高い救急医療を提供していけるよう今後も努めていきます。

  • 寺坂 勇亮
    寺坂 勇亮 部長 救急初療室室長
    担当・専門分野 救急医療

    外傷診療

    Acute Care Surgery

    臨床栄養
    資格など 日本救急医学会救急科専門医

    日本外科学会外科専門医

    日本救急医学会認定ICLSコースディレクター・インストラクター

    JATECインストラクター

    臨床研修指導医

    看護師特定行為指導者研修修了

    日本臨床栄養代謝学会TNTコース修了
  • 正司 智洋 医長
    担当・専門分野 救急医療

    集中治療
    資格など 日本麻酔科学会専門医

    日本集中治療医学会専門医
  • 安尾 俊祐 医員
    担当・専門分野 救急医療
    資格など 日本内科学会認定内科医

外来担当医表

休診・代診情報

  • 休診代診情報はありません。
診療科・部門・センター 一覧へ