泌尿器科

診療科からのお知らせ

診療科の特色

泌尿器科の手術は経尿道的内視鏡・腹腔鏡を用いた低侵襲手術が中心です。泌尿器癌の手術(経尿道的膀胱腫瘍切除を除く)では、9割以上を腹腔鏡で行っています。

2018年6月からはダヴィンチ最新機種によるロボット支援手術を導入しました。スタッフ全員がロボット支援手術の資格を取得し、前立腺全摘術だけでなく、腎部分切除術、膀胱全摘術もロボット支援下に行っています。尿路結石の手術では、レーザーと超細径尿管鏡で術前後ステントフリーを目指しています。


他の診療科との積極的な連携も行っています。放射線治療科および放射線診断科とのコラボで行うラジウム-223内照射治療は、全国トップクラスの症例数です。腫瘍内科を中心とした免疫療法の対策チームの指導をうけながら、進行腎癌、膀胱癌に対する免疫療法(ニボルマブ療法・イピリムマブ療法・ペンブロリズマブ療法)にも取り組んでおり、良好な効果を上げています。

これまで同様、多職種とのチーム医療にも尽力しています。「排尿ケアチーム」では、診療科横断的に適応をひろげ、院内での排尿自立を目指しています。また、地域医療福祉連携室のスタッフとともに前立腺癌地域連携パス運用も順調です。地域の先生方のご協力のおかげです。

いよいよ生体腎移植の実施が2020年秋に近づいてまいりました。地域の患者さん・医療関係者の方々だけでなく、将来を担う若手医療者にとって魅力的な診療科になるように引き続き努力いたします。

診療内容

対象疾患 具体的傷病名
尿路悪性腫瘍 腎癌、前立腺癌、膀胱癌、腎盂尿管癌、精巣癌など(ロボット手術ほか)
尿路良性腫瘍 前立腺肥大症(内視鏡手術)、副腎腫瘍(内視鏡手術)
尿路結石症 体外衝撃波結石破砕(ESWL)、尿管鏡下砕石術(TUL)経皮的砕石(PNL)
男性不妊症 精索静脈瘤(顕微鏡下手術)ほか
腎不全 腹膜透析カテーテル挿入、生体腎移植 

教育認定・学会等認定施設

  • 日本泌尿器学会 専門医教育認定施設

診療実績(2019年度)(主要手術・検査件数)

腹腔鏡下手術(うちロボット支援) 100(55)
膀胱癌経尿道的手術 134
経尿道的前立腺手術(レーザー核出術を含む) 30
経尿道的尿管結石破砕術(tul) 59
体外衝撃波結石破砕(eswl) 49
前立腺生検 127
総手術件数(ESWL、前立腺生検を除く) 496

医療機器

  • 体外衝撃派砕石治療機器(ESWL)

  • ホルミウムヤグレーザー

  • 電子軟性尿管鏡

  • 超細径硬性尿管鏡

  • バイポーラーTUR

  • 手術支援ロボット(ダヴィンチXi)

ダヴィンチ写真

ダヴィンチ写真

地域医療機関の先生方へ

日頃から、当院からの紹介をこころよく引き受けてくださり、また、当院へ多数の患者を紹介していただき、ありがとうございます。

今後も、地区医師会の会合等での情報交換が図れますと幸いです。
  • 大久保 和俊
    大久保 和俊 副院長 部長
    担当・専門分野 腎移植・男性不妊
    資格など 京都大学医学博士

    日本泌尿器学会専門医/指導医

    日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医

    日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器科領域)

    日本臨床腎移植学会認定医

    日本移植学会認定医

    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

    ロボット支援手術 certiticate取得
  • 岡田 能幸 副部長
    担当・専門分野 前立腺癌

    泌尿器科腫瘍全般
    資格など 京都大学医学博士

    日本泌尿器科学会専門医/指導医

    日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医

    ロボット支援手術 certiticate取得

    日本がん治療医認定機構がん治療認定医
  • 小河 孝輔 副医長
  • 伊藤 英 副医長
    資格など 日本泌尿器科学会専門医
  • 北林 亮太 専攻医
  • 中 悠汰郎 専攻医

外来担当医表

1診 午前 岡田 (交替) 大久保 伊藤 (交替)
午後 岡田 大久保 伊藤
2診 午前 大久保(1.3.5)
伊藤英(2.4)
  岡田能(1.3.5)
小河(2.4)
大久保(1.3.5)
小河(2.4)
 
午後 大久保(1.3.5)
伊藤(2.4)
岡田(1.3.5)
小河(2.4)
小河(2.4)
3診 午前 北林 小河
午後 北林 小河

休診・代診情報

  • 休診代診情報はありません。
診療科・部門・センター 一覧へ