心臓血管センター・外科

診療科からのお知らせ

診療科の特色

心臓血管外科は心臓血管センターの外科部門として、心臓血管内科との円滑な連携のもと、心臓、大血管、末梢血管のあらゆる疾患に365日、24時間体制で対応しています。
診療経験豊富な心臓血管外科専門医が常時待機し、大動脈瘤破裂、大動脈解離、心筋梗塞合併症などの救急疾患にも高い救命率を維持しています。また、近年、低侵襲手術としてステントグラフト内挿術を積極的に行い、破裂症例などの緊急手術にも対応が可能です。
待機的手術では、大動脈疾患に対して、安全で正確な人工血管置換手術を行い、また、高齢者を中心に低侵襲手術としてステントグラフト内挿術をたくさん行っています。狭心症に対しても低侵襲手術を心掛けて心拍動下バイパス術を早くから取り入れ、弁膜症に対して弁置換術のほか自己弁を温存する、弁形成術を積極的に行い、小切開低侵襲手術(MICS)も施行しています。また、下肢静脈瘤に対しては、レーザー治療を多く施行しています。
外来では豊富な診療実績に付き大動脈専門外来を設け、患者さんには判り易い十分な説明、会話を心掛けております。

診療内容

対象疾患具体的傷病名
虚血性心疾患 狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞後心室瘤、心筋梗塞後心室破裂、虚血性心筋症、心室性不整脈
心臓弁膜症 大動脈弁、僧帽弁、三尖弁、肺動脈弁の閉鎖不全症および狭窄症、感染性心内膜炎、先天性心臓弁異常
大動脈疾患 胸部大動脈瘤、広範囲胸腹部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、急性および慢性大動脈解離、外傷性大動脈瘤、感染性大動脈瘤
先天性心疾患 心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、動脈管開存症、大動脈縮窄症、ファロー四徴症など
心臓、大血管 外傷性心臓破裂、大動脈破裂など
末梢血管疾患 四肢の閉塞性動脈硬化症、血栓症、動脈瘤
静脈疾患 下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、急性および慢性肺塞栓症

教育認定・学会等認定施設

  • 心臓血管外科専門医認定機構基幹施設

  • 日本外科学会 外科専門医制度修練施設

  • 日本胸部外科学会 認定医認定制度指定施設

診療実績

心臓血管センターは一般病床数56床および10床の心臓血管専門ICU、CCUを設置しています。2000年6月、心臓血管センター・外科を開設依頼、2020年8月までで総手術件数4,250例を超え、うち心臓大血管手術は2,200例余でした。
その内訳は虚血性心疾患20%、心臓弁膜症30%、大動脈瘤50%です。又、2019年度は心臓胸部大血管手術67例、腹部大動脈瘤手術35例、総手術数は276例でした。

地域医療機関の先生方へ

当科はやや特殊な疾患を扱う科ではありますが、心臓血管センターの外科部門として心臓血管内科と合同症例検討会を開き、綿密な関係を構築しております。
センターは24時間、断る事無く患者さんを受け入れる体制でおりますので、循環器疾患が疑われる場合はいつでもご紹介賜りますようお願い致します。

  • 森田 雅文 部長
    担当・専門分野 心臓、血管疾患全般
    資格など 心臓血管外科専門医

    ステントグラフト胸部指導医

    ステントグラフト腹部指導医

    下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医
  • 東 修平 副部長
    担当・専門分野 心臓、血管疾患全般
    資格など 下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医

    心臓血管外科専門医

    ステントグラフト胸部指導医

    ステントグラフト腹部指導医

    日本外科学会 外科専門医
  • 福原 慎二 副部長
    担当・専門分野 心臓、血管疾患全般
    資格など 心臓血管外科専門医

    ステントグラフト腹部指導医

    日本外科学会 外科専門医

    日本脈管学会 脈管専門医

外来担当医表

1診午前 小林 岩崎 森田
(10:00より)
(心臓血管外科
動脈瘤外来)

(10:00より)
(心臓血管外科)
午後
(10:00より)
(心臓血管外科)
2診午前 溝渕 中村 舩津 溝渕
(不整脈)
須藤
午後 中村 福原
(心臓血管外科)
溝渕
(ペースメーカー)
舩津
3診午前 小池
午後 小林

休診・代診情報

  • 休診代診情報はありません。
診療科・部門・センター 一覧へ