輸血部門

診療科からのお知らせ

部門の特色

血液は体中へ酸素や栄養を運んだり、出血を止めたりするなど重要な働きがあります。輸血は病気、けが、手術などにてこの血液が不足し、生命に危険をおよぼすような貧血がおこった時や血が止まりにくい時に足りない成分を補充する治療であり、現代の医療においては欠かすことのできない治療の一つです。輸血部は、この輸血が安全にかつ適正に使用されるように24時間体制で業務を行っています。

部門紹介

輸血部の業務は
(1)血液センターから供給される輸血用血液製剤および自己血の保管・管理業務
(2)ABO血液型の検査や不規則抗体検査、輸血する血液との適合をみる交叉適合試験
などの検査業務があります。

輸血部は患者さんに、より安全な輸血が実施されるために、臨床検査技師が24時間体制でこれら輸血業務を行っています。また輸血は善意の献血から製造されることより、適正な輸血がされるように取り組んでいます。

医療設備

・自動輸血検査システム(BTD)
・全自動輸血検査測定装置(Auto Vue)
・血液成分分離装置(COBE Spectra)
  • 森口 寿徳 統括部長 輸血部部長
    担当・専門分野 血液疾患全般
    資格など 日本血液学会認定血液専門医・指導医

    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医

外来担当医表

休診・代診情報

  • 休診代診情報はありません。
診療科・部門・センター 一覧へ