健康管理センター

人間ドックのご案内

2019/01/01

人間ドックのご案内

そのため、点検が法的に義務づけられているものもあります。こうした機械類の点検の必要性については皆様よくご存じで、ご自分でもチェックされたり、専門業者に依頼し、費用の負担などもされたりするのに、ご自身のからだについて同様の対応ができているでしょうか。

 人間のからだは、1年中休みなく働いており、機械と同じで(あるいは機械以上に)定期的な点検(健診)が必要であるはずです。ところが、肝心のご自身のからだについては、あまり関心のない方、見て見ぬ振りをする方も少なくないのではないでしょうか。

 健診には、乳幼児健診、学校健診、事業所の定期健診や特定健康診査などの法定健診が存在します。しかし、これらの健診は、それぞれの目的に特化した内容になっており、一定年齢以上の成人にふさわしい全身的なものではありません。個人が自発的に任意で受ける必要はありますが、人間ドックの受診に意味があるのは、船体のドックと同じようにご自身のからだについて総点検を行うことができることにあります。

 人間ドックは、公費負担のない任意の健診ではありますが、費用の一部を保険者が負担する場合もあります。ご自身の健康保険証をご覧いただきますと、必ず保険者名称(発行元)が記載されています。ご自分がどこの被保険者なのかをご確認いただき、保険者のホームページや広報誌等に利用可能な人間ドックの案内がないかどうか一度チェックされてはいかがでしょうか。

 

 当健康管理センターでは、さまざまな保険者と提携しております。また、人間ドックを個人利用される方へは1月~4月を特別推進月間とし、割引料金でご利用いただけるプランも用意しております。下記にそのご案内を掲載しておりますので、宜しければご活用ください。

一覧ページへ戻る