がんゲノム医療とは

がんゲノム医療とは、主にがんの組織を用いて、多数の遺伝子を同時に調べ、遺伝子変異※1を明らかにすることにより、一人一人の体質や病状に合わせて治療を行う医療です。

※1遺伝子変異:細胞の中の遺伝子がなんらかの原因で後天的に変化することや、生まれもった遺伝子の違い

 

がん遺伝子パネル検査は、合う薬があるかどうかを調べる検査です。「がん遺伝子パネル検査」の結果、遺伝子変異が見つかり、その遺伝子変異に対して効果が期待できる薬がある場合には、臨床試験などを含めてその薬の使用を検討します。

 

一方、がん遺伝子パネル検査を受けても必ず治療法が見つかるわけではありません。がんの種類にもよりますが、治療選択に役立つ可能性がある遺伝子変異は、約半数の患者さんで見つかります。ただし、遺伝子変異があっても、使用できる薬がない場合もあり、がん遺伝子パネル検査を受けて、自分に合う薬の使用(臨床試験を含む)に結びつく人は全体10%程度といわれています。また、約3%の方に、遺伝性腫瘍を疑う結果が見つかることがあります。


参考資料:「がん遺伝子パネル検査」を検討する方にご理解いただきたいこと 作成:国立がん研究センター ゲノム情報管理センター等

対象となる患者様

l  保険診療

標準治療終了後(もしくは見込み)の固形がん、または原発不明がんと診断されている方

 

l  自費診療

ステージ3,4の固形がんと診断されている方

当院で行なっているがん遺伝子パネル検査

l  保険診療

  • ・FoundationOne®︎ CDx(腫瘍組織)
  • ・FoundationOne®︎ liquid(末梢血)
  • ・OncoGuide™ NCCオンコパネルシステム(腫瘍組織と末梢血)

検査にかかる費用は下記の「受診方法・料金」を参照ください。

 

l  自費診療

  • ・Guardant360(末梢血) 検査料金:41万円(税込)

受診方法・料金

l  当院に通院中の患者さま

 ①主治医にお申し出ください。腫瘍内科の外来を予約します。

 

l  当院以外に通院中の患者さま

医療機関を通じてお申し込みいただきます。

 ①(医療機関さま) 当院の地域医療福祉室へFAXにて申し込みください。

地域医療福祉室のご案内はこちら

 ②(医療機関さま) 受診票と病理検体(ブロック)を患者さまにお渡しください。

 ③(患者さま)受診票と病理検体(ブロック)を持って指定の日時に当院へお越しください。

受診のご案内はこちら

  1. 1.検査説明

腫瘍内科外来にて、がん遺伝子パネル検査についてご説明します。検査を行うには、持参いただいた病理検体が検査に出せるかどうか当院の病理部門で確認が必要なため、当日に検査の申込みはできません。検査希望の場合は、申込日(約1週間後)の予約を行います。

料金:初診料(セカンドオピニオン料) 1時間22,000円

 

  1. 2.検査申し込み 

検査提出の手続きと結果説明日の予約を行います。

料金:保険診療の初診料、病理診断料と検査料(3割負担で6万円弱)

 

  1. 3.結果説明

検査申し込みから結果説明まで約2ヶ月かかります。治療に結びつく割合は約10%です。治療に結びつく薬剤が見つかった場合は、当院にて可能な治療は当院で行い、治験や臨床試験については大学病院やがんセンターへ紹介いたします。また、遺伝性腫瘍が疑われる結果であった場合は、当院の遺伝カウンセリング外来を紹介します。

料金:保険診療の再診料+結果説明費用(3割負担で13万円弱)